事例・実績IT(情報通信)政策・ビジネス情報通信(IT)産業通信・メディア

携帯電話の利用実態調査研究

2009年度2014年度

情報通信業界のシンクタンクが隔年で発表している『モバイル社会白書』(中央経済社刊)の作成(執筆者一覧に掲載)、その内容となる経年オリジナル調査の設計・実施・分析(毎年)、ケータイ関連内外トレンドや法制度等(隔年)を調査した。

オリジナルアンケート調査(一般市民2,500ss程度、国勢調査に基づき性・年代・地域を割り付けた‘日本の縮図’)に基づく、主な調査項目;ケータイの普及・利用状況(2台目まで含めたスマホ普及率やタブレット普及率、買い替え期間、月額料金など)/ケータイ・コミュニケーション状況(通話・メール等発信時間や回数、災害時の備え、など)/ケータイコンテンツ・メディア利用状況(ネットショッピング等利用状況、端末別動画視聴時間など)/ソーシャルメディア利用状況(LINE、Facebook、Twitterなど)/ 海外のケータイ市場動向(欧米亜のマクロ統計など) /ケータイをめぐる法制度概説(消費者・青少年保護、著作権等保護など) 

*書籍中のその他項目は委託者が主に作成


参照資料

モバイル・コミュニケーション2014-2015―スマホ・ケータイ社会白書
モバイル・コミュニケーション2012-13―ケータイ社会白書
ケータイ社会白書2011 (いずれも中央経済社刊)

案件名
携帯電話の利用実態調査研究
お客様種別
企業 情報通信会社
年度
2009年度2014年度
サービス
IT(情報通信)政策・ビジネス
分野
情報通信(IT)産業

お問い合わせ・資料請求

ビジネスソリューション部担当 : 倉沢