日本の文化や歴史、社会情勢について英語で紹介 [日英対訳]

1982年の初版発行以来、版を重ねているロングセラー!
日本について話題になる事柄、よく受ける質問を整理し、それぞれに解説を加え、見開きで対訳を付した日本紹介の本です。

本書の特徴

海外ビジネスで実践的な1冊

日本製鉄(株)の社員が海外のお客様や赴任先、留学先で質問された内容を独自に蓄積し、外部向けに出版したのが本書の始まりです。
・海外のお客様に社交の場で日本を紹介したい。
・翻訳以前に、日本のことを日本語で説明するのも意外に難しい。
そのようなお悩みを持つ皆様向けに、長年にわたり改訂を重ねてきた実践的な1冊です。

幅広いテーマ、豊富な話題

日本の文化から、政治や社会情勢までの事例を幅広く取り扱っており、多様なテーマを取り込んでいます。
海外の方との会食やパーティでの話題提供、お土産、日本に関心が高い外国人への贈答品など、コミュニケーションツールとしてご利用いただけます。

ご利用例

海外出張、海外赴任、留学、グローバル社員教育、英語学習、外国人旅行者のアテンド、ツアーコンダクター、ホテル・旅館関係者、外国人の日本語学習教材や日本旅行ガイドブック、お土産等。

日本~その姿と心~ 目次
ダウンロード PDF ファイル 355.9 KB

PDFファイルの表示には、アドビシステムズの Adobe Reader が必要です。 お持ちでない方は下のアイコンから無償でダウンロードできます。

Get Adobe Acrobat Reader

グローバル人材の育成書!A guide to the heart and soul of Japan!

大刷新・第11版!
訪日外国人対応に最適な日英対訳表示!

「地理」「歴史」「政治」「経済」(企業経営を含む)「社会」「科学技術」「文化」で構成

●激動する世界の動きをとらえ、1982年に初版を発行して以来、改訂を重ねて現在に至るロングセラーです。
●急速な世界の変化をフォローし、特に天皇制度、エネルギー問題、技術開発の現状、少子高齢化と働き方改革、日本の文化・風土、2020東京オリンピック・パラリンピックについて詳細に説明しています。
●海外赴任、出張、旅行、留学、ホームステイ…日本のことを紹介するあらゆるシーンでご活用いただけます。

日英対訳
日本~その姿と心~第11版
  • 小B6判 592頁
日英対訳 電子書籍
日本~その姿と心~第11版
  • 電子書籍版では日英対訳の見開き表示ではなく、段落ごとに対訳をリンク機能で繋いでいるため、英語学習にも最適です。

サンプル

「お盆」を“日本語”と“英語”で説明すると?

お盆

 (8月 15 日の前後数日):種々の食物を祖先の霊に供えてその冥福を祈る。都会に働きに行っている者は郷里に帰る。なお、東京などの大都市では7月に行うところもある。各地の町や村で盆踊りが行われ、浴衣(ゆかた)姿で多くの人が参加するが、これは日本の夏の風物詩の一つである。

掲載期間 2021/07/21ー2021/08/24

Obon

(around mid-August): The Festival of Souls. In this festival a variety of foods are offered to the spirits of ancestors, and their repose prayed for. People who have moved to the cities to work return to their home towns during this period. In Tokyo and other major cities this festival is celebrated in July. In towns and villages across the country people in yukata (light cotton kimono) gather for outdoor dances known as bon-odori. For some Japanese, summer wouldn’t be summer without a bon-odori.

「風呂敷」を“日本語”と“英語”で説明すると?

風呂敷

 風呂敷は、日本で古くから物品の持ち運びや保存などに使用されている四角形の布である。風呂敷の名称が一般に用いられるようになったのは、江戸時代前期(17 世紀ごろ)である。共同風呂である銭湯の発達にともない、衣料をこの布に包んで運び、更衣をこの布の上で行ったため、風呂敷と呼ばれるようになった。

 風呂敷は、物品の形・大きさなどにあまり関係なく自由に包装できる。また何も包まないときは、小さく折りたたんで持ち歩ける。物品を包装するさい、四角の布の対角線上の端を相互に結ぶ。

 風呂敷の大きさや材質は、用途に応じていろいろなものがある。ふとんを包むための木綿で唐草模様の実用一点張りのものや、絹織物に紋様や花鳥の模様をあしらった美しいものまである。

掲載期間 2021/07/21ー2021/08/24

Furoshiki

A furoshiki (literally a “bath spread”) is a square piece of cloth for bundling up various articles that one wishes to carry or store away. Furoshiki have long been used in Japan. The word itself dates back to the early part of the Edo Era (around the 17th century) when public, communal bath houses became popular. The name comes from one of the first uses for this cloth—to carry a change of clothes in it to a public bath house and to change clothes on it.

The furoshiki is very handy since it is so freely adaptable to the size and shape of the article being wrapped, and when not in use it can be folded up and easily carried in the hand or pocket. The usual way of wrapping an article is to place it in the center of the furoshiki, and tie first one pair of diagonally opposite corners together over the article, followed by the other pair.

Furoshiki come in various sizes and materials. There are large cotton ones with arabesque patterns for binding up quilts and dainty silk ones patterned with decorative designs, flowers, and birds.