日本の文化や歴史、社会情勢について英語で紹介 [日英対訳]

1982年の初版発行以来、版を重ねているロングセラー!
日本について話題になる事柄、よく受ける質問を整理し、それぞれに解説を加え、見開きで対訳を付した日本紹介の本です。

本書の特徴

海外ビジネスで実践的な1冊

日本製鉄(株)の社員が海外のお客様や赴任先、留学先で質問された内容を独自に蓄積し、外部向けに出版したのが本書の始まりです。
・海外のお客様に社交の場で日本を紹介したい。
・翻訳以前に、日本のことを日本語で説明するのも意外に難しい。
そのようなお悩みを持つ皆様向けに、長年にわたり改訂を重ねてきた実践的な1冊です。

幅広いテーマ、豊富な話題

日本の文化から、政治や社会情勢までの事例を幅広く取り扱っており、多様なテーマを取り込んでいます。
海外の方との会食やパーティでの話題提供、お土産、日本に関心が高い外国人への贈答品など、コミュニケーションツールとしてご利用いただけます。

ご利用例

海外出張、海外赴任、留学、グローバル社員教育、英語学習、外国人旅行者のアテンド、ツアーコンダクター、ホテル・旅館関係者、外国人の日本語学習教材や日本旅行ガイドブック、お土産等。


日本~その姿と心~ 目次
ダウンロード PDF ファイル 355.9 KB

PDFファイルの表示には、アドビシステムズの Adobe Reader が必要です。 お持ちでない方は下のアイコンから無償でダウンロードできます。

Get Adobe Acrobat Reader
パンフレット
ダウンロード PDF ファイル 419.2 KB

グローバル人材の育成書!A guide to the heart and soul of Japan!

大刷新・第11版!
訪日外国人対応に最適な日英対訳表示!

「地理」「歴史」「政治」「経済」(企業経営を含む)「社会」「科学技術」「文化」で構成

●激動する世界の動きをとらえ、1982年に初版を発行して以来、改訂を重ねて現在に至るロングセラーです。
●急速な世界の変化をフォローし、特に天皇制度、エネルギー問題、技術開発の現状、少子高齢化と働き方改革、日本の文化・風土、2020東京オリンピック・パラリンピックについて詳細に説明しています。
●海外赴任、出張、旅行、留学、ホームステイ…日本のことを紹介するあらゆるシーンでご活用いただけます。

日英対訳
日本~その姿と心~第11版
  • 小B6判 592頁
日英対訳 電子書籍
日本~その姿と心~第11版
  • 電子書籍版では日英対訳の見開き表示ではなく、段落ごとに対訳をリンク機能で繋いでいるため、英語学習にも最適です。

サンプル

日本語を“日本語”と“英語”で説明すると?

日本語

日本語は独特の文章構造をとり、固有の文字をもっているため、ほかの言語とあまり類似していない。系統的には、朝鮮語・アルタイ諸語との同系説が有力であるが、その証明はまだされていない。
今日では日本全国で標準語が通用するが、各地には多種多様の方言があり、互いの方言を理解できないこともある。ただし、文字や文法は基本的に同一である。
現代日本語の特徴のいくつかをあげると、次のとおりである。
〈1〉 漢字・平仮名・片仮名・ローマ字など異なった種類の文字をまじえて用いる。
〈2〉 使用する文字の数が多い(一般通用漢字約 3,000字、そのうち常用漢字 2,136 字、および平仮名・片仮名各 46 字)。
〈3〉 文章は、縦書きも横書きも行われる。
〈4〉 音韻組織が単純で、音節の種類が少ない。標準母音は、ア・イ・ウ・エ・オの五つ、音節は母音または子音と母音とからなり、母音で終わる。単独使用の子音はンのみ。
〈5〉 同じ事物を指すのに、いくつもの単語が用いられる。特に一・二人称代名詞は種類が多い(わたし・ぼく・おれ・じぶん、あなた・きみ・おまえ、など)。
〈6〉 同じ音で異なった意味を表わす単語が多い(対象・対照・対称・大将・大正・大勝、公正・厚生・構 成・攻勢・更生、保障・保証・補償など)。
〈7〉 職業・年齢・性別などによる用語の違いが著しい。
〈8〉 助詞(が・を、など)、助動詞(ない・だろう、な ど)が文の成立に大切な機能を果たしている。
〈9〉 主語は述語の前におき、述語は文の終わりにおくが、文節の順序はかなり自由である。主語は述語の使い方で省略されることも多い。
〈10〉 敬語が発達していて、複雑である。
〈11〉 オノマトペ(「擬音語」と「擬態語」を包括的に指した言葉)を効果的に使う。生物・自然の発する声や音・様子・動作・感情などを簡略的に表し、情景をより感情的に表現させることのできる手段として用いられており、生活の中でしばしばオノマトペを利用する(例:グングン、ジャンジャン、スゴスゴ、ビクビク)。



The Japanese Language

The Japanese language has its own peculiar sentence structure and writing system and has little in common with other languages of the world. Although the theory that Japanese belongs to the Altaic and Korean family of languages is widely accepted, this has never been fully substantiated.

Although standard Japanese is today used throughout the country, a variety of dialects are also used in different regions. These dialects are mutually unintelligible in some instances. However, the writing system and grammar are essentially the same.

Few of the characteristic features of modern Japanese are listed below.

<1> It uses a mixture of different types of characters, namely, kanji characters, hiragana characters, katakana characters and Roman letters.

<2> The number of characters used is large. (There are about 3,000 commonly used kanji characters including the 2,136 “daily use characters,” 46 hiragana characters and 46 katakana characters.)

<3> Sentences can be written either vertically or horizontally.

<4> Having few sounds, it is phonetically simple. It has only five standard vowels: “a” as in father, “i” as in piano, “u” as in flute, “e” as in red and “o” as in cord. Syllables are formed by a single vowel or a combination of a consonant and a vowel in the order mentioned, “n” (as in can) being the only consonant that can stand alone.

<5> The same thing or idea can often be expressed with a number of different words. This is especially true of first and second person pronouns. For example, there are a number of words that would translate into English as “I” (watashi, boku, ore, jibun, etc.) or “you” (anata, kimi, omae, etc.)

<6> There are many words having the same sound but expressing different ideas.

<7> There are marked differences in usage of words and expressions used by persons of different occupation, age, sex etc.

<8> Particles are used to indicate part of speech (subject, object etc.) and auxiliary verbs play an important role in sentence structure.

<9> Aside from the restriction that the subject must come before the predicate (which comes last), the speaker has considerable freedom in choosing the order of the phrases. The subject is often omitted when the meaning is clear from the predicate alone.

<10> It has a complicated system of honorific expression.

<11> Onomatopoeic words are used effectively. These include both simple sound imitations and mimicking of non-auditory phenom-ena. Japanese is rich in expressions that capture and succinctly express the sounds, appearances, actions and auras of both animate and inanimate things and that speakers and writers can easily use to convey scenes, situations and perceptions with sensory impact. Japanese frequently use onomatopoeia in everyday life. Examples: gungun (rapidly, by leaps and bounds, steadily), janjan (jingle-jangle, repeatedly and vigorously), sugosugo (dejectedly), bikubiku (gingerly).

ひなまつりを“日本語”と“英語”で説明すると?

ひなまつり

(3月3日): 女の子の将来の幸福を願うお祭りである。昔の宮廷の風俗を模したきれいなひな人形を桃の花と一緒に飾る。もち米の粥に麹をまぜて醸造した白酒(甘酒)を飲んで楽しむ。



Hina matsuri

(March 3): The Festival of Dolls. Also called Girls’ Day Festival, this is the day on which wishes are expressed for the future happiness of girls. A set of dolls dressed in costumes which were worn in the royal court in ancient times are displayed together with peach blossoms as decoration. A sweet drink called shirozake (or amazake), brewed from rice gruel mixed with fermented rice, is partaken of on this day.