日本の文化や歴史、社会情勢について英語で紹介 [日英対訳]

1982年の初版発行以来、版を重ねているロングセラー!
日本について話題になる事柄、よく受ける質問を整理し、それぞれに解説を加え、見開きで対訳を付した日本紹介の本です。

本書の特徴

海外ビジネスで実践的な1冊

日本製鉄(株)の社員が海外のお客様や赴任先、留学先で質問された内容を独自に蓄積し、外部向けに出版したのが本書の始まりです。
・海外のお客様に社交の場で日本を紹介したい。
・翻訳以前に、日本のことを日本語で説明するのも意外に難しい。
そのようなお悩みを持つ皆様向けに、長年にわたり改訂を重ねてきた実践的な1冊です。

幅広いテーマ、豊富な話題

日本の文化から、政治や社会情勢までの事例を幅広く取り扱っており、多様なテーマを取り込んでいます。
海外の方との会食やパーティでの話題提供、お土産、日本に関心が高い外国人への贈答品など、コミュニケーションツールとしてご利用いただけます。

ご利用例

海外出張、海外赴任、留学、グローバル社員教育、英語学習、外国人旅行者のアテンド、ツアーコンダクター、ホテル・旅館関係者、外国人の日本語学習教材や日本旅行ガイドブック、お土産等。


日本~その姿と心~ 目次
ダウンロード PDF ファイル 355.9 KB

PDFファイルの表示には、アドビシステムズの Adobe Reader が必要です。 お持ちでない方は下のアイコンから無償でダウンロードできます。

Get Adobe Acrobat Reader
パンフレット
ダウンロード PDF ファイル 422.0 KB

グローバル人材の育成書!A guide to the heart and soul of Japan!

大刷新・第11版!
訪日外国人対応に最適な日英対訳表示!

「地理」「歴史」「政治」「経済」(企業経営を含む)「社会」「科学技術」「文化」で構成

●激動する世界の動きをとらえ、1982年に初版を発行して以来、改訂を重ねて現在に至るロングセラーです。
●急速な世界の変化をフォローし、特に天皇制度、エネルギー問題、技術開発の現状、少子高齢化と働き方改革、日本の文化・風土、2020東京オリンピック・パラリンピックについて詳細に説明しています。
●海外赴任、出張、旅行、留学、ホームステイ…日本のことを紹介するあらゆるシーンでご活用いただけます。

日英対訳
日本~その姿と心~第11版
  • 小B6判 592頁
日英対訳 電子書籍
日本~その姿と心~第11版
  • 電子書籍版では日英対訳の見開き表示ではなく、段落ごとに対訳をリンク機能で繋いでいるため、英語学習にも最適です。

サンプル

剣道を“日本語”と“英語”で説明すると?



剣道

剣道は、剣で身を守り、敵をたおす道である。7~8世紀ごろから行われ、16世紀ごろに急速に発展して、いろいろな流派が生まれた。17世紀以降、剣道は技術とともに精神を練ることに重きがおかれ、仏教や儒教、とくに禅宗の影響によって、道徳的に修練されるようになった。昔は木刀を多く用いたが、18世紀に竹刀と面・胴・小手・たれ、などの防具が考案され、今日に至っている。・・・






Kendo

In kendo, a competitor uses a sword to protect him or herself while trying to defeat an opponent. Originating around the seventh or eighth century, kendo became widely popular in the sixteenth century, when many different styles were created. In the seventeenth century kendo began to focus on the spiritual aspects of training as well as the technical, and with influences from Buddhism, Confucianism, and (in particular) Zen, it became a type of moral training. Initially, a wooden sword was commonly used, but the bamboo sword and bogu (protective gear), which includes the men (mask), do (breastplate), kote (gloves), and tare (groin protector), were introduced in the eighteenth century. …

碁(囲碁)を“日本語”と“英語”で説明すると?



碁(囲碁)

碁は361箇の目(交点)のある正方形の碁盤の上で、2人の対局者が白と黒の碁石を交互に並べて、囲み取った目の数で勝負を決めるゲームである。

上手の者が白石を持ち、黒石を持った者が先手となる。対局者の実力の差に応じて、いくつかの黒石を碁盤の目の一定の場所にあらかじめ並べておくというルールがあり、こうしてハンディキャップをつけることにより、実力に差のある者同士でも互角に戦うことができる。・・・






Go (Igo)

Go, also called igo, is played by two players on a square board marked with a grid having 361 intersections. The players take turns placing stones (black for one, white for the other) on the intersections in such a way as to surround as much territory as possible. The player who encloses the greater area is the winner.

The more skillful player has the white stones, and black moves first. Rules allow for the use of handicaps to even out the effect of differences in skill, thereby allowing a more evenly matched game even when the levels of two players are considerably different. The handicap consists in black being able to put stones at specified locations on the board prior to the start of the game. How many stones he is allowed to place naturally depends on how much better the other player is. …